8wired

とりあえずやってみるブログ

パソコンでテレビのライブ視聴に「DiXiM Play for DIGA」を使ってみた

投稿日:

パソコンでテレビを視聴する方法を探していたら、「DiXim Play for DIGA」というWindowsアプリが半額(2,808円→1,404円)というのを見付けたので思わず購入。

正直に言えば、とても使い勝手のよいアプリだとは思えませんが、パソコンでテレビのライブ視聴と録画の視聴という最低限はできたので満足です。

DiXiM Play for DIGA

「DiXim Play for DIGA」は、対応したテレビやブルーレイレコーダーとネットワークを介してパソコンでテレビやブルーレイレコーダーの録画の視聴ができるようになるアプリ(ソフトウェア)です。

DiXim Play for DIGAには、for DIGAの付いてない「DiXim Play」というアプリもあり、どちらも月額プラン、買切りプランの2つの料金プランがあります。機能の違いはわかりませんが、キャンペーンで安かったDiXim Play for DIGAを選びました。

動作環境

DiXiM Play for DIGAの動作環境は、下記となっています。

OS Windows 10 Home 日本語版 / Windows 10 Pro 日本語版(各32bit / 64bit)
Windows 8.1 日本語版 / Windows 8.1 Pro 日本語版(各32bit / 64bit)
CPU Intel® Core™ i3 2.0GHz以上
Intel® Pentium® 3xxxおよびG3xxx以上
Intel® Celeron® 2xxxおよびG18xx以上
Intel® Atom™ Z3735F以上
メモリ 2GB以上
ディスプレイ 1024x768ピクセル以上、High Color以上
※ DVI-DまたはHDMI接続の場合は、HDCP対応モニタが必要です。
※ VGAなどのアナログ接続では、著作権保護されたコンテンツの再生ができません。
ネットワーク環境 LAN 100BASE­T以上、またはWi­Fi IEEE802.11ac/n/a/g(WEP以上の暗号化通信が出来ること)
インターネット アプリケーションのインストールやライセンス認証、宅外視聴に必要

動作環境を見るとWindows 7以降のパソコンなら大丈夫そうです。i5-3470でCPU使用率5-10%くらいしか使っていないのでVista世代でも動くかもしれません。NVIDIA、AMDのグラフィックカードの環境は未対応というのが残念です。

尚、モニタがアナログ接続だと視聴できません。HDMI接続のモニタからVGA接続のモニタに移行すると再生中でも再生が止まってしまいます。

我が家の環境は、Windows 10、i5-3470、8GB、ディスプレイはHDMI接続とVGA接続のデュアル、有線ギガビット接続。DIGAは、2012年製造BMR-BWT520です。

動作状況

DiXim Play for Digaを起動すると上記の画面が開きます。

ライセンス認証以外は、問題がなければ特に設定する必要はないと思います。

サーバーを選ぶとネットワークにつながっているDIGAが自動的に表示されます。

HDDとUSB-HDDを選ぶと録画の視聴、チューナを選ぶとテレビのライブ視聴ができます。DIGAが起動していない場合、起動するまで視聴ができないので少し待ち時間があります。

録画の視聴

今までに録画した番組を再生してみたところ、20Mbpsを超える高いビットレートの番組(DRで録画した番組)は動作が激しい場面でブロックノイズが酷く視聴に堪えませんものがありましたが、それ以外の番組は問題なく視聴できました。

Sonyの「PC TV Plus」では問題なく再生できたのでソフトウェア(アプリ)の処理に違いがありそうです。対応している動画再生支援(デコード支援)に不足があるのではないかと考えていますが、動作環境に詳細の記載がないので確認ができません。今はCPU内臓のGPUを使っているので機会があればGPUを増設して確認してみたいと思います。

画質を落として録画すれば問題なさそうなので、現在は画質を落として録画しています。

残念な点として、追っかけ再生ができない、1.5倍速再生が不安しない(1.2倍速なら安定する)があります。

テレビのライブ視聴

テレビのライブ視聴は、地デジ/BSのどちらも問題なく視聴できました。ただし、20Mbpsを超える高いビットレートの番組のライブ視聴は確認してないので録画の視聴と同じくブロックノイズが発生するかもしれません。

DiXim Play for DIGAのトップ画面からライブ視聴を選んで視聴しようとするとチャンネル切り替えの反応が悪く、アプリが落ちてしまいます。サーバー>DIGA>チューナと選べば全く問題ないので不思議です。

まとめ

DiXim Play for DIGAは、UIが使いに辛かったり、高ビットレートの録画にブロックノイズが発生したりと決して満足度が高いアプリではありません。しかし、テレビのライブ視聴と録画の視聴が最低限でき、1,404円で済んだことを考えれば十分です。

購入する前にアプリをインストールして動作確認も出来ますし、DiXim Play for Digaは今なら3ヵ月間無料キャンペーンを利用してフル機能を試すことも出来るので興味があるなら試してみてください。

-色々

Copyright© 8wired , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.