8wired

とりあえずやってみるブログ

WPP Plus Widget

概要

WPP Plus Widgetは、Wordpress Popular Postsの機能を利用して、カテゴリ別の人気記事を表示するウィジェットを追加するプラグインです。

このウィジェットでは次の機能が利用できます。

  • 表示している記事カテゴリと同じカテゴリの人気記事を表示します。
  • 階層化カテゴリの場合、子孫のカテゴリの記事も対象として表示します。
  • 階層化カテゴリの場合、階層の深さを制限します。

環境

  • WordPress 4.7.2以降
  • PHP 5.4以降
  • WordPress Popular Posts Version 3.3.4以降

ダウンロード

Ver. 0.4.4: wpp-plus-widget.0.4.4.zip(開発版)
Ver. 0.3.7: wpp-plus-widget.0.3.7.zip

Ver.0.4.0から、カテゴリの新着記事を表示するウィジェットが追加されています。→詳細
不要な場合には、Ver.0.3.7をご利用ください。

設置方法

  • WordPress Popular Posts」がインストールされてない場合にはインストールしてください。
  • ダウンロードしたWPP Plus Widgetのファイルを管理サイトのプラグインページからアップロードし、プラグインを有効化します。
  • 管理サイトのメニュー「外観」>「ウィジェット」から、任意の場所にウィジェット「WPP Plus Widget」を追加します。
  • 必要に応じて表示項目やパラメータなどを変更してください。

※ WordPress Popular Postsはデフォルトでスタイルシートが有効になっています。必要に応じてスタイルシートの適用「Use plugin's stylesheet」を無効「Disabled」にしてください。

設定項目について

タイトル ウィジェットのタイトルを入力します。
カテゴリの深さ 階層化カテゴリの深さの最大値を設定します。階層が深くなり表示記事数が少なくなってしまう場合に設定してください。こちらの記事で詳細を書いています。
パラメータ 表示件数やサムネイルの有無・サイズなどを設定します。
設定できる項目はWordpress Popular PostsのSettingsにあるParametersを参照してください。
項目は1行毎に記述します。
表示記事を除外する チェックすると個別投稿ページで表示されている記事がリストから除外されます。
記事一覧の前後 記事一覧の前後に挿入するタグを入力します。
記事フォーマット 記事一覧のフォーマットを入力します。
利用できるタグはWordpress Popular PostsのSettingsにあるParameters下部、Available Content Tagsを参照してください。

関連記事

ご紹介

設置方法、設定方法を含め、下記のサイト様で分かりやすく丁寧に解説してくださっているので、初めての方は参考にしてみてください。

今表示している記事のカテゴリの人気記事を簡単に表示できるプラグイン【WPP Plus Widget】 - Shufulife

更新情報

  • Ver. 0.4.4 (2017-02-23)
    新着記事サムネイル表示方法を変更
  • Ver. 0.4.3 (2017-02-02)
    ウィジェットタイトル下層を追加
    新着記事サムネイル表示方法を変更
  • Ver. 0.4.2 (2017-01-31)
    ウィジェットタイトルに文字列置換を追加(Ver.0.4.3で廃止)
    タグページの新着記事表示不具合修正
  • Ver. 0.4.1 (2017-01-29)
    新着記事フォーマットにカテゴリタグを追加
  • Ver. 0.4.0 (2017-01-27)
    新着記事ウィジェット機能を追加
  • Ver. 0.3.7 (2017-02-23)
    新着記事を除くVer. 0.4.4までの修正を追加
  • Ver. 0.3.6 (2017-01-10)
    ウィジェットタイトルからカテゴリ名を削除
  • Ver. 0.3.5 (2016-09-06)
    デフォルトで投稿だけを表示対象に修正
  • Ver. 0.3.4 (2015-03-21)
    Q2W3 Fixed widgetに対する不具合対応
  • Ver. 0.3.3 (2014-02-04)
    深さ0で全体を表示する機能を追加
  • Ver. 0.3.2 (2014-01-10)
    表示記事の除外処理を少し修正
  • Ver. 0.3.1 (2014-01-10)
    表示記事の除外設定を追加
  • Ver. 0.3.0 (2014-12-15)
    プラグインの名称を変更
    タイトル前後の設定を廃止
    パラメータ初期値にexcerpt_lengthを追加
    階層化カテゴリに対応
  • Ver. 0.2.0 (2014-11-14)
    タグアーカイブページ表示時、リスト先頭のカテゴリ記事を表示
  • Ver. 0.1.1 (2014-11-04)
    ウィジェットタイトルにカテゴリ名の表示を追加
  • Ver. 0.1.0 (2014-10-27)
    新規リリース

更新日:


  1. 須田 より:

    当プラグインを使わせていただいています。ありがとうございます。
    パラメータからwordpress popular postsのように
    著者名の表示するやり方がわからないのですが
    当プラグインでは不可能でしょうか?

  2. しょーた@管理人 より:

    >須田さん

    コメントありがとうございます。

    著者名は、「パラメーター」にstats_author=1を記述し、「記事フォーマット」に{author}というタグを記載すればが表示されます。くれぐれもstatus_author=1を忘れないでください。データが表示されなくなります。

    管理画面から「設定」>「WordPress Popular Posts」のパラメーターにpost_htmlという項目があるのですが、ここの「利用可能なコンテンツタグ」に記載されているものは利用できるので参考にしてみてください。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 8wired , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.