スマホ

ドコモ、au、ソフトバンク(ワイモバイル)のガラホ端末の比較

投稿日:2016年3月23日 更新日:

ガラケーとスマホの2台持ち運用をしていますが、最近ガラホがちょっと気になって2年ちょっと使っているガラケーの方を機種変しようか悩んでいるところです。

現在、ガラホ端末は携帯大手3社から提供されていますが、各社から提供されているガラホ端末はWi-Fiの有無やLTE対応など分かりやすいスペックの差もありますが、全3社から提供されているシャープのガラホ端末でもそれ以外の部分でもスペックが若干違っていたりします。

特長がイマイチつかみ難いので、整理するために少しまとめてみました。

ガラホ端末の比較

NTTドコモ

機種名SH-06GF-05G
メーカーシャープ富士通
外観sh06g_greenf05g_red
本体サイズ51x112x16.4mm51x113x15.8mm
重さ123g129g
液晶サイズ3.4インチ3.4インチ
液晶解像度960×540854×480
OSAndroid 4.4Android 4.4
メモリ(RAM/ROM)1GB / 4GB未公開
バッテリ容量1410mAh1700mAh
待受時間3G:610時間3G:930時間
ネットワーク3G(W-CDMA):800MHz/2.1GHz3G(W-CDMA):800MHz/2.1GHz
転送速度(受信/送信)14Mbps / 5.7Mbps14Mbps / 5.7Mbps
VoLTE
Wi-Fi
BluetoothVer. 4.0Ver. 4.0
テザリング(親/子)– / ○– / –
カメラ500万画素810万画素
防水 / 防塵○ / –○ / ○
おサイフケータイ
GPS
赤外線通信
ワンセグ
海外使用
発売時期2015年6月26日2015年6月16日
価格36,288円36,288円

ドコモから提供されているガラホは2機種共に3G対応のみでLTE(VoLTE)無し、Wi-Fi無し、待受時間600時間以上という従来のガラケーに近いスペックです。

ガラケーの代替機という割にはおサイフケータイには対応していなかったり、数年前の機種でも800万画素を搭載していたにもかかわらずSH-06Gのカメラが500万画素だったり、F-05GはBluetoothのテザリング(子機)に非対応、GPS無し、公式情報ではありませんがRAMが512MBしかなかったり、全体的に物足りないスペックです。Wi-Fi無しはしかたないにしても、せめてLTE(VoLTE)くらいは対応してもらいたかったところです。

コストダウンするためにスペックを下げたという話ですが、両端末とも36,288円という価格設定がなされており、この価格ならもっとスペックの高いスマホが買えますし、従来のガラケーでもいいかという選択にもなりそうです。また、後述に紹介するsoftbankの端末の方がスペックが高く、価格も23,760円とかなり安く設定されているので、ドコモのガラホはかなり割高な印象です。

au

機種名GRATINA 4G KYF31AQUOS K SHF33
メーカー京セラシャープ
外観au-gratina-4g-kyf31au-aquos-k-shf33
本体サイズ51x113x16.7mm51x113x16.9mm
重さ130g130g
液晶サイズ3.4インチ3.4インチ
液晶解像度854×480960×540
OSAndroid 4.4Android 4.4
メモリ(RAM/ROM)1GB / 8GB1GB / 8GB
バッテリ容量1500mAh1410mAh
待受時間4G:530時間4G:470時間
ネットワーク4G:800MHz/2GMz4G:800MHz/2GMz
転送速度(受信/送信)150Mbps / 12Mbps150Mbps / 12Mbps
VoLTE
Wi-FiIEEE802.11b/g/nIEEE802.11b/g/n
BluetoothVer. 4.1Ver. 4.0
テザリング(親/子)○ / ○○ / ○
カメラ800万画素1310万画素
防水 / 防塵○ / ○○ / ○
おサイフケータイ
GPS
赤外線通信
ワンセグ
海外使用
発売時期2016年2月19日2016年7月06日
価格37,800円45,360円

auのガラホはWi-FiにもLTE(VoLTE)にも対応しており、ガラケーがガラホとして進化したという感じの仕上がりで、3社の中では一番の高スペックです。

両端末ともほぼ同じようなスペックですが、GRATINA 4G KYF31はバッテリが1500mAhありSHF33より長持ち、価格が安い、AQUOS K SHF33は液晶解像度が高く、カメラが1310万画素、耐衝撃という違いがあります。

発売時期の違いがあるかもしれませんが、ドコモの端末と価格がほぼ同じKYF31のスペックのよさが光ります。同じauのSHF33と比較してもKYF31の方がコスパもバランスもよさそうにみえます。

Softbank / Y!mobile

機種名DIGNOケータイ 502KCAQUOSケータイ 504SH
メーカー京セラシャープ
外観softbank-digno-keitaisoftbank-aquos-keitai
本体サイズ51x114x17.9mm51x113x17.6mm
重さ130g124g
液晶サイズ3.4インチ3.4インチ
液晶解像度854×480960×540
OSAndroid 4.4Android 4.4
メモリ(RAM/ROM)1GB / 8GB1GB / 8GB
バッテリ容量1500mAh1410mAh
待受時間4G:530時間3G:630時間
ネットワーク4G:900MHz/1.7GHz/2.1GHz
3G(W-CDMA):900MHz/2.1GHz
3G(W-CDMA):900MHz/2.1GHz
転送速度(受信/送信)112.5Mbps / 37.5Mbps21Mbps / 5.7Mbps
VoLTE
Wi-Fi
BluetoothVer. 4.1Ver. 4.1
テザリング(親/子)– / –– / ○
カメラ800万画素800万画素
防水 / 防塵○ / ○○ / –
おサイフケータイ
GPS
赤外線通信
ワンセグ
海外使用
発売時期2016年2月26日2015年12月4日
価格23,760円23,760円

ソフトバンクからはLTE対応のDIGNOケータイとLTE非対応のAQUOSケータイという異なるタイプの機種が提供されています。

LTE対応のDIGNOケータイはauのGRATINA 4G KYF31と基本的には同じスペックだと思いますが、Wi-Fi、おサイフケータイ、テザリングが非対応というKYF31の廉価版です。テザリングに対応していないのが非常に痛いですが、もし対応していればガラホの最有力候補になった機種ではないかと思います。

一方でLTE非対応のAQUOSケータイは、Wi-Fi、おサイフケータイに非対応、カメラが800万画素というauのAQUOS K SHF33の廉価版、ドコモのSH-06Gの上位版という位置付けになると思います。SH-06Gの上位版ながら価格が23,760円とSH-06Gよりかなり安いのが魅力です。

これらの2機種はワイモバイルからも発売されおり、502KCが一括0円、504SHが一括1,296円とかなり安いです。

品質・スペックで選ぶならau、安さで選ぶならソフトバンク

各社から発売されているガラホ端末をまとめてみましたが、ドコモのガラホ端末のお粗末さが際立つ結果となりました。ドコモユーザとしては非常に寂しい限りですが、それだけガラケー(ガラホ)ユーザの獲得に興味がないのか、そんなに頑張らなくてもユーザを獲得できるだろうという自信(怠慢)の表れかもしれません。

それとは対照的にauのガラホ端末は、LTE(VoLTE)対応、Wi-Fi対応などガラケーに機能を追加したハイスペックな端末で、auのガラホに対する力の入れ具合がわかります。ガラケーユーザからするとガラケーからガラホになりどんな恩恵を受けられるかを考えると、今のところVoLTE対応による通話音質の向上というのが一番なので、ガラホ端末のVoLTE対応というのは最低限の事だと思います。そういう点で2機種ともVoLTE対応させているauは、ガラホ端末を一番考えているキャリアだと思います。

ソフトバンクはLTEに対応/非対応という異なる種類のガラホを提供していますが、ガラケーの後継機という位置付けならDIGNOケータイという選択になります。ただ、筆者としてはBluetoothテザリングが可能なAQUOSケータイも捨てがたく、選択は非常に悩ましいです。

正直なところ、まだガラホ端末は未知数なのでスマホからの機種変が必要だったり、ガラホが使ってみたいという欲求でもない限り、ガラホ端末の必要性はないと思います。また、そのような時にガラホ端末を選ぶのであれば、品質・スペックならau、価格の安さならソフトバンク/ワイモバイルがお薦めです。

2016年7月26日

auのAQUOS K SHF32をAQUOS K SHF33に修正

-スマホ
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドコモ、au、ソフトバンク(ワイモバイル)のガラホ端末の比較 2017年

2016年末、3社から2016年冬春モデルの発表があり、ガラホの新機種も発表されました。 以前、3社から発売されているガラホについてまとめましたが、新機種の発表によって状況がずいぶん変わった気がするの...

2台持ちに最適!ソフトバンクとワイモバイルのオトクなケータイプラン

前の記事でガラホ端末の比較をしましたが、ガラホ端末のスペックや端末の価格だけでなく、キャリアに支払う毎月の維持費も重要になってきます。 色々調べてみましたが、端末の価格を含めてもソフトバンクとワイモバ...

ガラホ「AQUOSケータイ 504SH」でadb shellを使うための準備

ワイモバイルのガラホ「AQUOSケータイ 504SH」を購入して数日が経ちましたが、ガラケー操作時との違和感も感じられずいい感じです。 すぐにでもメインの端末として切り替えてもいいと思えるほどですが、...

Y!mobileがAQUOSケータイ504SHのアップデートを配信開始、地図の機能性向上

Y!mobileのシャープ製ガラホ、AQUOSケータイ504SHのアップデートの配信が開始されました。 AQUOS ケータイ 504SHをご利用中のお客さまへ ~ソフトウェア更新のお知らせ~ | ワイ...

ガラホ「AQUOSケータイ 504SH」でスクリーンショットを撮影する方法

Android OS端末では、基本的に「電源+音量下げ」ボタンを同時押せばスクリーンショットを保存する事が出来ますが、Xperiaの様に電源ボタン長押しで表示される画面にスクリーンショット機能がある便...

第三世代ガラホAQUOS K SHF33はエモパー、防塵・耐衝撃を備えた注目ガラホ

5月末、auから「AQUOS K SHF 33」が発表されました。「AQUOS K SHF 33」はガラホのパイオニアであるシャープが開発した第三世代のガラホです。 気付けば発売日の7月6日に近づい...