8wired

とりあえずやってみるブログ

WordPress

Contact Form 7 4.4に追加された設定検証機能による警告の対処方法

更新日:

Contact Form 7のアップデートで設定検証機能による警告が表示される件について、昨日は動作に問題がなかったので現状維持としていました。

ただ、やはり警告表示が出続けるのは気分が良くないので解決策はないかドキュメントを読み直してみたところ、ヒントが見付かり対処する事ができたので方法を書いておきます。

昨日のまとめで「設定検証機能を付けるならSenderの設定もできればいいのに・・・」みたいな事を書きましたが、Contact Form 7では追加ヘッダーとしてSenderの設定が可能だったのでこれを利用します。

contactform7-settings

まず警告の発生原因となっている送信元には、運営者のメールアドレスを設定します。この時、サイトのドメイン名と送信元メールアドレスのドメイン名が同じものでなければなりません。

次に、追加ヘッダーですが、これまで送信元には、

[your-name] <[your-email]>

と設定していたので、この設定をしていた時と同じ動作になるようSenderとReply-Toの2つを設定します。

Senderは、メールを受信した時に差出人(送信者)として表示される内容の設定です。Senderを設定しない場合、送信元が差出人として表示されます。

Reply-Toは、受信したメールの返信先に設定される宛先になります。返信先が自動的に設定されるので便利です。

以上の設定で、警告は表示されなくなり、これまでと同様の動作になります。

サイトのドメイン名と送信元メールアドレスのドメイン名が異なる場合というのも考えられますが、Contact Form 7がサブドメインを解釈しないので現状では正しい解決策は無いように思えます。

どうしても警告を消したいのであれば、送信元にはサイトのドメイン名を持つダミーのメールアドレスを設定し、追加ヘッダーに受信可能なメールアドレスをErrors-Toとして設定すればいいと思います。

-WordPress
-, ,

Copyright© 8wired , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.