8wired

とりあえずやってみるブログ

ニフティの格安SIM NifMoとIIJmioの比較してみる

2016/07/07

nifmo

 11月末から大手ネットプロバイダのNiftyがMVNO事業のNifMoをスタートし、NifMoバリュープログラム、公衆無線LANサービスなどのサービス内容が非常に気になるところです。

 NifMoを検討する場合にはプランの似ているIIJmioが比較対象になると思います。NifMoがどのようなMVNOか知るために、IIJmioと簡単に比較してみました。

MVNO NifMo IIJmio
初期費用 3,000円
2GBプラン 900円 900円
4GBプラン 2,500円 1,520円
7GBプラン 3,500円 2,560円
通信速度 下り最大150Mbps、上り最大50Mbps
規制時200kbps
通信規制対象 2GBプラン 3日で400MB以上
4GBプラン 3日で600MB以上
7GBプラン 3日で1GB以上
3日で366MB以上
クーポン利用時は制限なし
音声通話 700円 700円
音声通話料 国内通話 20円/30秒
SMS 250円 140円
SMS送信料 3円~/1通(国内)、50円~/1通(国際)
クーポン 500MB 900円 500MB 1,500円
2GB 3,000円
プラン変更 2015年対応予定 可能
データシェア 不可 7GBプランで利用可
SIM再発行 3,000円 2,000円
最低利用期間
解約違約金
(音声通話プランのみ)
利用開始月の翌月から
6ヶ月以内の解約で8,000円
利用開始月の翌月を0ヶ月として12,000円から1ヶ月毎に1,000円減額、13ヶ月目から0円
特典など NifMoバリュープログラム
公衆無線LANサービス
公衆無線LANサービス
(BIC SIM利用時)

※ 価格は税抜価格です。

スポンサードリンク

2GBプランは同一、それ以外は割高

 両MVNOとも2GBプランは同一料金ですが、4GBプラン、7GBプランではNifMoの方が1,000円ほど高くなっています。この料金の差がどこにあるのかはわかりませんが、2GBプラン以外を選択する場合には、他社を選択した方がよさそうです。

 音声通話、SMSなどのプラン以外の部分では、NifMoがクーポンやプラン変更などが未対応という点を除けば、両MVNOで特筆すべき点はないように思えます。

 (2015年1月1日追記)「データおかわり 0.5GB」という500GB 900円というオプション(クーポン)が発表されました。

NifMoの魅力的な特典

 NifMoには魅力的な特典が2つあり、その内の1つである「NifMoバリュープログラム」は、NifMoがこれまでのMVNOとは絶対的に異なる存在であると言えるものになっています。

 NifMoバリュープログラムは、ショッピングやアプリをダウンロードするだけで携帯料金が還元されるというお得なプログラムです。還元された金額は毎月の携帯料金の割引に利用されるので、NifMoバリュープログラムの利用状況によっては実質0円でNifMoを利用し続けることができてしまいます。

 また、NifMoでは公衆無線LANサービスのBBモバイルポイントが追加料金なしで利用することができます。

 BBモバイルポイントは、ソフトバンクテレコムが提供するプロバイダー対応の公衆無線LANサービスで、JR駅構内をはじめ空港やカフェ、ファーストフード店などBBモバイルポイントのステッカーのあるエリアにて、無線LANによる高速インターネットを利用することができます。

 IIJmioでは公衆無線LANの接続サービスの提供はオプションですが、IIJmioのパッケージの1つであるビックカメラが提供しているBIC SIMでは無料で提供されています。こちらはBBモバイルポイントだけでなく、Wi-FiスクエアとUQ Wi-Fiのエリアも利用できる分だけNifMoより広い範囲で利用することが可能になっています。

ポテンシャルはNifMoバリュープログラム次第か?

 2GBプランという選択であればIIJmioと比較しても遜色の無いものです。大きな違いがないという事はそれだけIIJmioのプランがMVNOの標準になっているということであり、やはりNifMoバリュープログラム次第でNifMoが有用かどうか判断されることになります。

 またNifMoを選択するのは2GBプランで足りるライトユーザーが対象になると思うので、ライトユーザーでNifMoバリュープログラムで利用できるショップで買い物をする機会がある場合やアプリのダウンロードなどで還元を受け毎月の接続料金を減らしたい場合には特にNifMoを選択するメリットが出てきます。

 NifMoバリュープログラムを使う予定がない場合には、BIC SIMを選択するのが無難だと思います。

 NifMoについては、2015年1月7までアマゾンで3,000円のキャッシュバックが受けられ消費税分の240円だけで始められます。MVNOを使ってみたいと思っている人には、いい機会ではないかと思います。

-MVNO
-,