8wired

とりあえずやってみるブログ

レンタルサーバ

CORESERVERはデフォルトがrbashなので変更しないとつらい

投稿日:2014年12月8日 更新日:

CORESERVERにサイトを移行したときの話。

コントロールパネルからホスト登録をしてサーバにログインしたまでは順調でしたが、lsコマンドをたたいたらエラーが表示されてびっくり。

> ls
-rbash: /bin/ls: restricted: cannot specify `/' in command names

lsだけでなくcdも同じような状態です。

このエラーメッセージはrbashにより制限がされているよっていうメッセージで、rbashとは制限されたコマンドしか使用することができないシェルの事です。

CORESERVERのデフォルトシェルにはrbashが設定されているようで、サーバ上での操作に不慣れなユーザもいると思うので、こういう対応なのかもしれません。

それならばとbashコマンドをたたいてみたら問題なく利用できたので、デフォルトシェルをchshコマンドでrbashからbashに変更しました。

> chsh
Changing login shell for iina.
Password: **********
Enter the new value, or press return for the default.
        Login Shell [/bin/rbash]: /bin/bash
Shell changed.

これで次回のログインからbashがデフォルトシェルに設定され、コマンドも制限されること無く利用できるようになります。

突然のrbashに遭遇してびっくりしましたが、これで安心。

スポンサーリンク

-レンタルサーバ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事